生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
ようこそ

国内版Zenfone 2及びZenfone 2 Laserの初期設定手順の解説


Zenfone 2の初期設定をしていきます。

Zenfone 2のコンパクト版である「Zenfone 2 Laser」という機種が発売されましたが、それも初期設定の方法は全く同じです。この記事を見てやればできます。

間にASUSアカウントの設定をするところがあるぐらいで他は他のAndroid端末とほとんど変わらない設定手順だと思います。

スポンサーリンク

初期設定の手順と解説

まず起動すると「ようこそ」という言葉で迎えてくれます。そして言語を選びます。最初から日本語になっているのでそのままでOKです。次へ行くには「右下の矢印マークをタップ」します。

Zenfone 2初期設定時の言語設定画面

次にインターネット接続設定です。「モバイルネットワークとWi-Fi」をチェックして次に行きます。

Zenfone 2初期設定時のインターネット接続設定画面

そうすると、近くのWi-Fi電波を自動で拾ってきてくれるので、普段自分が接続しているものに接続しましょう。画像は管理人の端末から見えるWi-Fi電波の状況です。この工程は一応飛ばすことも可能ですが、後の設定の時にネットに繋がっていないとできないものも多いので出来る限りWi-Fiがつながる環境下で設定をしてください。

Zenfone 2初期設定時のWi-Fi接続設定画面

これ以降の解説はすべてWi-Fiにつながっている状態での設定手順になっていますので注意してください。

Wi-Fiを設定した後は「タップ&ゴー」をするかどうか聞かれます。これをすると以前使っていたAndroid端末のアプリなどを新しい端末に簡単にコピーする事ができます。

管理人はAndroid端末は初めてなのでこの工程はスキップしましたが、機種変をした場合は、新しい端末で今まで使っていたアプリを全部ダウンロードし直すのは面倒なので、この機能を使いましょう。ただし、アプリ内の設定は行われていないので自分で後で設定する必要があります。

Zenfone 2初期設定時のタップ&ゴー設定画面

この機能はNFCを利用するので、以前の端末でNFCをONにしておく必要があります。一応詳細を見るとやり方が書いてあります。

Zenfone 2初期設定時のタップ&ゴー設定画面の詳細を表示した時の画像

次はGoogleアカウントを端末と連携するかどうか聞かれます。Androidの端末はGoogleアカウントと連携させると無料の外部ストレージが付いてきたりととてもお得なので持っていない人は「または新しいアカウントを作成」から登録しましょう。

今すぐには面倒だという人は「スキップ」ボタンからこの工程を飛ばすこともできます。後々アカウントを設定することもできるので心配しないでください。

Zenfone 2初期設定時のGoogleアカウント追加設定画面

管理人のようにGoogleアカウントをすでに持っている人はメールアドレスを入力して設定を行ってください。

アカウントを設定した後はお支払い設定をします。アプリを購入したりするときに必要な情報です。スマホからは基本的に物の購入はしないという人は「後で」をチェックして飛ばしてもOKです。後からでも設定はできます。

Zenfone 2初期設定時のお支払情報設定画面

「クレジットカードまたはデビットカードを追加」をチェックした場合は以下の様な画面が表示されるので、カード情報を入力しましょう。

Zenfone 2初期設定時のお支払情報入力画面

お支払情報設定の後はASUSアカウントを設定する画面が表示されます。

管理人は一応設定してみましたが、今後使う予定はありません。ASUSの機器を色々持っていてASUSアカウントで連携させているような人でなければ必要ないでしょう。なのでこの工程もスキップして構いません。必要な人だけ設定しましょう。

Zenfone 2初期設定時のASUSアカウント設定画面

一応新規作成しようとすると以下の様に情報を入力する画面に移行します。参考までに。

Zenfone 2初期設定時のASUSアカウント情報入力画面

次は日時の設定画面に移ります。これは余計な設定いりません。自動設定にチェックを入れば勝手に現在の日時を設定してくれます。

Zenfone 2初期設定時の日時の設定画面

そして次にGoogle Driveの設定をします。

なにやら100GBの無料ストレージがもらえる(2年間)そうで、ありがたく頂いておきましょう。

Zenfone 2初期設定時のGoogle Drive設定画面

「無料券を引き換える」というところをタップすると案内が出てきます。その後に利用するかどうか聞かれるので「利用する」をタップします。

Zenfone 2初期設定時のGoogle Drive案内画面

Zenfone 2初期設定時のGoogle Drive利用設定画面

そろそろ終わりが近づいてきました。

次にGoogleサービスについて聞かれます。

Zenfone 2初期設定時のGoogleサービス設定画面

一番下に「自動的にGoogleに診断や使用状況データを送信する」という項目がありますが、これは電池を余計に食うことになるのでチェックを外しておくことをおすすめします。管理人もチェックを外して次へ進みました。

Zenfone 2初期設定時のGoogleサービス設定画面

次へ進むとASUSからも似たようなことを聞かれます。これもGoogleサービス同様データ送信を許可しない方にチェックを入れて次へ進みます。

Zenfone 2初期設定時のInspire ASUS設定画面

そして最後に以前の端末から連作先やカレンダー、メッセージ、ブックマークなどを転送するかどうか聞かれます。

Androidを使っていた人はこの機能を使うとそれらのデータの移行が簡単に行えるのでぜひしましょう。

管理人はAndroidは初めてなのでこの工程はスキップしました。

Zenfone 2初期設定時のData Transfer設定画面

この設定を終えたら、初期設定は終了です。お疲れ様です。

ホーム画面が現れます。

Zenfone 2の初期設定を終えた直後のホーム画面

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。そんなに難しいところはありませんでしたね。基本はAndroid共通の設定なので戸惑うことも少ないでしょう。

初期設定でスキップした工程も後から設定することが可能なので必要なときに行ってください。

Zenfone 2のその他の解説など:Zenfone 2の実機レポートと使い方解説

「Zenfone 2」及び「Zenfone 2 Laser」を使っているということは、皆さんは格安SIMを利用している、もしくはこれから乗り換えようとしているのだと思います。ぼく(管理人)は「DMM mobile」を利用しています。

このサイトでは格安SIMについての解説もたくさん書いています。事業者ごとに記事を分けて特徴や良いところ、悪いところをまとめた記事もあります。これから格安SIMを始めたい人やもっといい格安SIM事業者を探している人はぜひ読んでみてください。

MVNO・格安SIMの事業者を徹底比較しています

個別に事業者を見るのは面倒な人には:これだけ読めばOK!格安SIMのオススメが分かります→具体的にはこのMVNO!容量別に格安SIMを比較検討した結果

「格安SIM」と「WiMAX2+」をセットで利用した最強の通信費節約術も紹介しています。ぼくが実際にやっている方法でもあります。詳しくは→MNPありスマホ込みの1人暮らし通信費を月6000円まで抑える方法

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】