生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
P_20150714_150525

背面がラウンド加工(丸みを帯びている)されていることによって端末が持ちやすくなっているZenfone 2。

ですが、なんだかんだ言ってラウンドしているだけでは大きくて持ちにくい、という感想を持っている人も多いのではないでしょうか?

スマホにはバンカーリングという背面に付けて端末を格段に持ちやすくするアクセサリーがあります。こんなものです↓

そのバンカーリングをZenfone 2でもつけることができれば、より持ちやすくなるはずです。

しかし、Zenfone 2の背面はラウンド加工によって丸みを帯びています。しっかりと吸着することが出来るのでしょうか?

2つのバンカーリングで試してみます。

スポンサーリンク

「Bunker Ring Essentials」で試してみる

1つ目はこのバンカーリングをつかって試します↓「Bunker Ring Essentials」という名前のものです。

わたしが普段iPhone 6で使用しているものです。バンカーリングの定番で吸着力と使い勝手がとてもいいです。

ではZenfone 2に付けてみましょう。

バンカーリングを付けたところ

横から見ると少し背面と離れているところがあるのがわかりますね。

バンカーリングが背面と少し離れている

バンカーリングが背面と少し離れている

バンカーリングが背面と少し離れている

実際に持ってみましょう。リングを掴んだ状態で宙に浮きます。

バンカーリングが背面と少し離れているが、スマホにしっかりと吸着している

バンカーリングが背面と少し離れているが、スマホにしっかりと吸着している

わかりづらい写真で申し訳ないです…。ちゃんと浮いていることは確かです。

吸着面の全部はくっついていませんが、本体が宙に浮くくらいにはしっかりとくっついているみたいです。落ちる気配も全くありません。

ということでこのバンカーリングなら大丈夫そうですね。

実際にこのバンカーリングを付けた状態でスマホを持ってみると背面のラウンド加工と相まってとても持ちやすいです。

握る手がすごい楽です。

スポンサーリンク

 「iRing」で試してみる

2つ目はこのバンカーリングを使って試します↓「iRing」という名前のものです。

わたしの母が使っているものです。今回はこの記事のために借りてきました。吸着力が高く、質感がとても良い高級感のあるリングです。

ではZenfone 2に付けてみましょう。

バンカーリングを付けたところ

先ほどのバンカーリング同様ラウンドしているせいでくっついていない部分もあります。

バンカーリングが背面と少し離れている

バンカーリングが背面と少し離れている

バンカーリングが背面と少し離れている

先ほどのバンカーリングよりは吸着面の面積が小さいので吸着力はいかほどでしょうか?

リングを掴んで持ち上げてみると、

バンカーリングが背面と少し離れているが、スマホにしっかりと吸着している

これも分かりづらい写真で申し訳ないです。ちゃんと浮いていることは確かです。

ちゃんと持ち上げられますね。しっかりと吸着していて、落ちる気配も全くありません。

というわけで、このバンカーリングも大丈夫そうですね。

まとめ

今回使用したバンカーリングの場合はどちらもその用途を果たせそうです。

リングだけを掴んでも端末本体を持ち上げることができ、落ちる心配もないので大丈夫そうです。

まあ、こんなふうに持ち上げることなんてまず無いんですけどね(笑)。

でもこういう風に持てるということは、バンカーリングとしての正規の使い方では問題なく使用できるということですのでOKでしょう。

全体が吸着しておらず、少し不格好ですがしっかりとくっついてくれているのでよしとしましょう。

Zenfone 2 Laserというコンパクト版が発売されましたが、これは本体がZenfone 2よりも小さい分、背面の丸みも急になっている可能性があるのでZenfone 2のようにはバンカーリングがつかないかもしれません。

ですがそもそも、Zenfone 2 Laserは本体が小さ目なのでラウンド加工だけでバンカーリングがなくても持ちやすいかもしれませんね。

他にもZenfone 2について書いてます→Zenfone 2の実機レポートと使い方

Zenfone 2について詳しく:Zenfone 2カメラもすごい!高性能の割にリーズナブルなSIMフリースマホを紹介!

コンパクト版のZenfone 2 Laserについて詳しく:「Zenfone 2 Laser」はZenfone 5の完全なる後継機!新時代のコスパ最強スマホはコレだ!

このサイトでは格安SIMについての解説もたくさん書いています。事業者ごとに記事を分けて特徴や良いところ、悪いところをまとめた記事もあります。これから格安SIMを始めたい人やもっといい格安SIM事業者を探している人はぜひ読んでみてください。

MVNO・格安SIMの事業者を徹底比較しています

個別に事業者を見るのは面倒な人には:これだけ読めばOK!格安SIMのオススメが分かります→具体的にはこのMVNO!容量別に格安SIMを比較検討した結果

「格安SIM」と「WiMAX2+」をセットで利用した最強の通信費節約術も紹介しています。ぼくが実際にやっている方法でもあります。詳しくは→MNPありスマホ込みの1人暮らし通信費を月6000円まで抑える方法

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】