生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
Zenfone 2がスリープモードの時にダブルタップして起動する様子

Zenfone 2、2 Laserのジェスチャ機能ZenMotionの使い方と使用感


Zenfone 2、Zenfone 2 Laserには他のAndroidスマホにはない機能がいくつかあります。今回使ってみるZenMotionもその一つです。

ZenMotionには2つ機能があり、1つは指でアルファベットを1文字描くことによって、特定のアプリを立ち上げることが出来る機能です。

もう一つは「ふるふる」という名前が付いている通り、アプリを使用中に端末を2回振ることによって、スクリーンショットとやることリストにタスクが保存される機能です。

この記事ではZenMotionで特に設定が必要な1つ目の機能を中心に使い方と使用感を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ZenMotionの設定方法

設定方法は至って簡単です。

「設定」から「ZenMotion」という項目を選ぶだけです。

Zenfone 2で「設定」から「ZenMotion」という項目を選ぶ様子

ZenMotionから「タッチジェスチャー」を選んでみましょう。ON-OFFとは別に個別の設定ができます。

Zenfone 2で「ZenMotion」から「タッチジェスチャー」という項目を選ぶところ

開くとこんなかんじで、「ウェイクアップモード」と「スリープモード」の2つがあります。

Zenfone 2の「タッチジェスチャー」設定画面

ウェイクアップモードについて

「ウェイクアップモード」はチェックを入れるだけで設定できます。

書いてある通り機能は「ダブルタップすするとスリープモードにする」というものです。

いちいち上側にある電源ボタンまで指を伸ばさなくて良いのでスリープモードにするのが楽になります。タッタっと画面を2回タップするだけで良いのです。

スリープモードについて

こちらはスリープモード(画面が暗転している状態)の時に行える機能です。

1つ目の機能は先ほどのウェイクアップモードの時の機能と対になるもので、「ダブルタップするとスリープモードを解除して本体を起動できる」という機能です。

これも起動したいときにいちいち電源ボタンまで指を伸ばさなくてよいため楽になります。タッタっと画面を2回タップするだけで良いのです。

2つ目の機能はスリープ状態の時に”W”、”S”、”e”、”C”、”Z”、”V”のアルファベットを画面に描くことでそれぞれのアルファベットに対応したアプリを起動できるというものです。他のアルファベットは使えないみたいですね。

デフォルトでは

  • “W” = 「ブラウザ」アプリ
  • “S” = 「メッセージ」アプリ
  • “e” = 「メール」アプリ
  • “C” = 「カメラ」アプリ
  • “Z” = 「ASUS Boost」アプリ
  • “V” = 「電話」アプリ

が対応してます。

管理人はブラウザはもっぱら「Chrome」なので、”W”に割り当てられたアプリを「Chrome」に変更してみます。

変更は簡単で「”W”でアプリを起動」を選択するとこのようにスマホ内にある全てのアプリが候補に上がってくるので、その中から自分の好きなアプリを選択するだけです。

Zenfone 2で「タッチジェスチャー」の中の"W"に割り当てるアプリを選択する画面の様子

「Chrome」に変更しました。

"W"に割り当てられたアプリを「Chrome」アプリに変更した後のZenfone 2の「タッチジェスチャー」設定画面の様子

よく使うアプリはスリープモードから直接立ち上げられると、起動してからアプリを選ぶというステップをすっ飛ばすことができるので快適です。

スポンサーリンク

モーションジェスチャーについて

ZenMotionにはタッチジェスチャーの他にモーションジェスチャー機能もあります。

モーションジェスチャーの機能は一つだけで、「ふるふる」という名前のものです。

この機能は「アプリを使用中にスマホを2回振るとスクリーンショットとやることリストにタスクが保存される」というものです。

一見使いやすそうに見えますが、この機能実際使ってみると、スマホを持って2回降るので画面が見えないとか、結構感度が悪くスクリーンショットを撮ってくれないとかいろいろ使いづらいです。やることリストも私は使っていませんし。

なので管理人は使用をONにしていますが、スクリーンショットを撮るときは電源ボタンと音量調節ボタンのマイナスを同時押しでやってます。実質OFFと同じ状態です。

スクリーンショットを撮るときにどうしても片手しか使えないというような状態の時(本当にそんな時があるのかは疑問ですが…)は使えるかもしれないのでとりあえずONにしておいて様子を見るのが一番いいかもしれません。

まとめ

今回はZenfone 2、Zenfone 2 Laserの独自機能ZenMotionについて書きました。

タッチパネルでできることをうまく利用している機能です。

管理人的にはスリープモードの時にダブルタップで起動できるのが一番役に立っています。画面を適当にポンポンと軽くタップするだけなのでめんどくさがりには結構ありがたい機能です。

皆さんも是非試してみてください。

この記事以外のZenfone 2、Zenfone 2 Laserの使い方については→Zenfone 2の実機レポートと使い方解説

「Zenfone 2」及び「Zenfone 2 Laser」を使っているということは、皆さんは格安SIMを利用している、もしくはこれから乗り換えようとしているのだと思います。ぼく(管理人)は「DMM mobile」を利用しています。

このサイトでは格安SIMについての解説もたくさん書いています。事業者ごとに記事を分けて特徴や良いところ、悪いところをまとめた記事もあります。これから格安SIMを始めたい人やもっといい格安SIM事業者を探している人はぜひ読んでみてください。

MVNO・格安SIMの事業者を徹底比較しています

個別に事業者を見るのは面倒な人には:これだけ読めばOK!格安SIMのオススメが分かります→具体的にはこのMVNO!容量別に格安SIMを比較検討した結果

「格安SIM」と「WiMAX2+」をセットで利用した最強の通信費節約術も紹介しています。ぼくが実際にやっている方法でもあります。詳しくは→MNPありスマホ込みの1人暮らし通信費を月6000円まで抑える方法

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】