生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
Zenfone 2の背面カバーを開ける所

Zenfone 2は背面を開けてSIMカードやSDカードを入れることになります。

がしかし、その肝心の背面カバーが結構開けづらくて困っている人もいるのでは?

そこで今回は背面カバーの開け方のコツを伝授したいと思います。

これを身につければ簡単に開けることができます。

コンパクト版の「Zenfone 2 Laser」についても基本的には同じなので、この記事のコツが役に立ちます。参考にしてください。

[追記]

Zenfone 2を使って実際に開けている動画を撮りました。コツを説明した後に記事中に載せておくので、文字と画像だけじゃどうしてもよくわからないって言う人はぜひ見てください。ゆっくりとポイントが分かるように撮ったつもりです。

スポンサーリンク

コツは握り方にあり

Zenfone 2の背面カバーは前作のZenfone 5よりも硬くて開けにくくなっています。

逆を言えばそれだけ堅牢になり頑丈であるということもでもあります。

しかし、開けにくいのは如何ともしたいので早速パパっと開けるコツを教えましょう。

支える手は本体を強く握るのが1つ目のコツ

背面カバーを開けるとき爪を引っ掛けるためにあるちょっとしたくぼみがありますよね?

そのくぼみに爪を挿れて開けようとするのですが、この時に支える方の手が重要になってきます。

もう一方の支える手はただ支えるのではなく本体をギュッと握ってください

Zenfone 2本体をギュッと強めに握る

どんな風にでもいいので、強めに握るのがコツです。

背面カバーは結構固く閉まっているので中途半端に握っているとすごく開けづらいです。なので強めに握ってください。

握りつつくぼみからまずは開けていきましょう。

スポンサーリンク

後は焦らずパカッパカッと開けよう

くぼみの所を開けるとそこからぐいっと一気に開けてしまいたくなりますが、焦ってはいけません。

一応それでも開けることは可能ですが、背面カバーがかなり曲がるので、折れてしまう心配があります。

重要なのは背面カバーを留めるところは10箇所ぐらい(正確には12箇所)あるという事実です。

IMG_09642

ここに沿って開けていくのが賢い開け方です。

1箇所が開いたら他のところを開けていくのが2つ目のコツ

要するに留めるところに沿って開けていきましょうということです。

1箇所開いたからといってそこばかり引っ張って開けようとしても上手く開けることはできません。

IMG_0966

1つ開けたら次の留めるところの近くを引っ張って開けようとしてみてください。

IMG_0967

そうすると、軽い力で開けることができます。パカッと開きます。

Zenfone 2の背面カバーを外す所

上の方も同じように開けると片方の側面が全て開きます。

Zenfone 2の背面カバーを外す所

そうするとあとは自動的に背面カバー全体が外れます。

Zenfone 2の背面カバーを開ける所

ここまでの手順を行えばいつでも簡単に背面カバーを開けることができます。

開け方の動画撮りました!

この記事に書いてある通りに外しています。

まとめ

いかがでしたか。簡単に開けられたでしょうか。

Zenfone 2は背面カバーが固く開けにくいのでつい強引にやってしまいがちです。でもそうするとカバーが壊れてしまいそうで心配です。

なのでなかなか力を入れるのもためらってしまいます。

そんな時は今回の方法で試してみてください。コツは、

  1. 本体をギュッと強めに握りくぼみに爪を挿れて開ける
  2. 背面カバーを留めるところの近くを引っ張って片側だけを全て開ける

の2つです。

この方法だと強い力も必要ないので背面カバーが壊れる心配もありません。

このサイトでは他にもZenfone 2について書いています→Zenfone 2実機レポートと使い方

「Zenfone 2」及び「Zenfone 2 Laser」を使っているということは、皆さんは格安SIMを利用している、もしくはこれから乗り換えようとしているのだと思います。ぼく(管理人)は「DMM mobile」を利用しています。

このサイトでは格安SIMについての解説もたくさん書いています。事業者ごとに記事を分けて特徴や良いところ、悪いところをまとめた記事もあります。これから格安SIMを始めたい人やもっといい格安SIM事業者を探している人はぜひ読んでみてください。

MVNO・格安SIMの事業者を徹底比較しています

個別に事業者を見るのは面倒な人には:これだけ読めばOK!格安SIMのオススメが分かります→具体的にはこのMVNO!容量別に格安SIMを比較検討した結果

「格安SIM」と「WiMAX2+」をセットで利用した最強の通信費節約術も紹介しています。ぼくが実際にやっている方法でもあります。詳しくは→MNPありスマホ込みの1人暮らし通信費を月6000円まで抑える方法

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】