生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
IMG_1249

先日So-netで契約したWiMAX2+のモバイルルーター「WX02」が家に届きました。申し込みについては→So-netでWiMAX2+を申し込んだのでその手順解説します【参考】

早速、開封してみたいと思います

開封後は実際触ってみての感想と、少し使ってみた感想を書こうと思います。モバイルルーターの感触については簡単な動画も撮りました。写真だけでは伝わりにくい本体の質感なども分かるかと思います。

スポンサーリンク

モバイルルーターWX02とクレードルの開封

モバイルルーターWX02の開封

WX02は郵便で届きました。

郵便で届いたSo-netのWiMAX2+の箱

開けてみます。

箱を開ける

中にはモバイルルーター本体とクレードル、お客様へのお知らせが入っています。

IMG_1247

ではまず、ルーターの箱の方を開けていきましょうか。

パカっ

モバイルルーターWX02が入っている箱を開ける

じゃん

モバイルルーターWX02が入っている箱を開ける

一つ一つ取り出していきます。

まずはICカードです。スマホのSIMカードみたいなものです。もしかしたらSIMカードそのものかも。auが発行しているものでした。UQWiMAXはau系列ですから当然ですね。

顧客情報が書き込まれているICチップ

次は本体です。ていってもまだバッテリーもICカードも背面カバーも取り付けてない状態の空のものです。

空のモバイルルーターWX02本体の表側

空のモバイルルーターWX02本体の裏側

箱の中ぶたをパカっと開けるとケーブルなどが入っているのが分かりますね。

中ぶたを開けるところ

見ていきましょう。まずは背面カバーです。外側はこんな感じ。

WiMAX2+モバイルルーターWX02の背面カバーの外側

内側はこんな感じ。

WiMAX2+モバイルルーターWX02の背面カバーの内側

次はUSBケーブルです。充電やパソコンにつなぐのに使います。

付属のUSBケーブル

ここで一つ落とし穴がのですが、それはACアダプターが別売であったことです。充電するにはACアダプターを別途購入する必要があるみたいです。まあすでに持っているUSB接続のACアダプターであれば代用はききます。ですが不具合を起こしてルーターが故障してもいけないので、正規品の案内が取扱説明書に書いてあるのでそれを購入しましょう。確認したら、「NAD11PQA」っていうACアダプターみたいです。

気を取り直して、見ていきましょう。バッテリーです。

WiMAX2+モバイルルーターWX02用のバッテリー表面

WiMAX2+モバイルルーターWX02用のバッテリー裏面

取扱説明書と注意事項が書かれた紙と無線LAN接続用のパスワードやQRコードが書かれた紙など。

取扱説明書と注意書とWi-Fi接続用のパスワードなど

これで全部です。全て並べてみます。真ん中らへん光があたって見難くてすみません。

WiMAX2+ルーターWX02の箱の内容物全て

クレードルの開封

お次はクレードルです。

クレードルの箱見た目

箱を開けます。

クレードルの箱を開けたところ

クレードルの箱を開けて内容物を取り出すところ

中身はクレードルと取扱説明書と保証書でした。

クレードルと取扱説明書と保証書

では全て開封したので、WiMAX2+を使えるようにするためにモバイルルーターWX02のセッティングをしていきましょうか。

スポンサーリンク

WX02のセッティング

まずはICカードを取り外して、

ICチップを取り外す前のカード

WiMAX2+のICカード

モバイルルーターに差し込みます。

WiMAX2+用ICカードをモバイルルーターWX02に差し込んでいるところ

カチッと音がなったら刺し込み完了です。

WiMAX2+用ICカードをモバイルルーターWX02に差し込み完了したところ

バッテリーを取り付けます。

WiMAX2+モバイルルーターWX02のバッテリー

WiMAX2+モバイルルーターWX02のバッテリーをモバイルルーターに取り付けようとしているところ

WiMAX2+モバイルルーターWX02のバッテリーをモバイルルーターに取り付けているところ

取り付け完了。

WiMAX2+モバイルルーターWX02のバッテリーをモバイルルーターに取り付けが完了したところ

最後に背面カバーを取り付けます。

WiMAX2+モバイルルーターWX02の背面カバーを取り付けるところ

パチパチとはめて取り付け完了。

WiMAX2+モバイルルーターWX02の背面カバーの取り付けが完了したところ

モバイルルーターWX02を見てみる

WX02全体的にどんな感じかお見せします。

まず表面。

モバイルルーターWX02の表面

4側面連続で。薄いです。思ったよりもずっと薄かったです。

モバイルルーターWX02の側面

モバイルルーターWX02の側面

モバイルルーターWX02の側面

モバイルルーターWX02の側面

クレードルに設置。

前から。

モバイルルーターWX02をクレードルに設置したところを前から見た様子。

横から。

モバイルルーターWX02をクレードルに設置したところを横から見た様子。

薄さを分かりやすく

薄さが際立ってます。前機種WX01の時よりもかなり薄くなった印象です。

モバイルルーターWX02は相当薄い

取扱説明書と並べてみるとその薄さが分かるかも。

取扱説明書とWX02の薄さを比べてみた様子

なんと表面はツルテカだった

公式の宣材写真を見るとマットな質感なのかなと思って注文したのですが、届いて実際に触ってみると、まさかのツルツルテカテカで高級感があります。

そのツルテカ感が分かるように写真を何枚か撮ってみました。

ツルテカ感が分かる

ツルテカ感

ツルテカ感

ツルテカ感

ツルテカ感

動画で質感やツルテカ感を

動画も撮ってみました。写真ではわからない質感が分かるかもしれません。素材はプラスチックなのですが、爪でカタカタと叩いてみると良い素材の音がします。動画内で鳴らしているのでぜひ聞いてみてください。

  • モバイルルーターの動画

  • クレードルの動画

スピードを簡単に測定してみた

セッティングも終わり、電源を入れてすぐにWiMAX2+が使えるようになりました。

QRコードを利用して簡単にスマホとWi-Fi接続できたので早速速度を測定してみました。

適当に3回測定しただけなのであまりあてにならないかもしれませんが、参考程度に見てください。

測定1回目

スピード測定結果

測定2回目

スピード測定結果

測定3回目

スピード測定結果

測定してみて

以前WX01で測定してみたことがあるのですが(WiMAX2+速度測定日記)その時も同じような速度でした。

WiMAX2+は基本的に実測で10~30Mbpsの速度が出るようですね。

時間帯によって速度は上下しますが、体感ではそれは分かりません。実際使ってみてそう感じています。

もし速度制限されてしまって速度が実測で6Mbps前後になってしまったとしても、体感は制限されていない時と変わりません。正直わからないです。

だから、安心してインターネットが利用できる環境をWiMAX2+は提供してくれてるということですね。

まとめと感想

ここまでいかがでしたか。やっぱり、こういう機器の開封はワクワクしますね。

内容物は必要な物だけ入っていて余分なものはありませんでした。後片付けも楽ちんです。

セッティングもすごく簡単で、ICカードとバッテリーを取り付けて、電源を入れたらすぐにWiMAX2+の電波をキャッチして使えるようになりました。とくに何も設定とかはしていません。何もしなくても、届いてすぐインターネットが使えるようになる、こういう手軽さがWiMAX2+の良いところですね。

Wi-Fi接続も簡単で特にスマホではQRコードを読み込むことによって接続ができ、パスワードを入力する手間も省けてラクラクでした。

WX02は届く前はもっと野暮ったい感じの見た目や質感をしているのかと思ってましたが、いざ蓋を開けてみると、表面の質感やプラスチックの材質などなかなか高級感があり、ぼくはとても気に入りました。

以前WX02が登場した直後に記事を書いた→「【WX02】進化した!WiMAX2+対応の新モバイルルーターについてまとめたよ」のですが、その時は見た目が良くないとかどうとか言ってしまいました。しかし前機種WX01よりも薄くなっているし、丸みもあって持ちやすくなってるし、へんな凹凸もなく限りなくフラットだし、ツルテカだしで、むしろWX02のほうが良い見た目してるなって思いましたね。

公式の写真だけではやっぱり判断できないところがありますね。買い物って難しいです。今回は良い方に転んでくれてよかったです。

クレードルはぼくはモバイルルーターを立てかけておきたかったので購入しましたが、これは好みの問題でしょうね。いらない人には別に無くてもよいものだと思います。これも良い質感してました。

WiMAX2+の速度も測定しましたが、申し分無しで、今のところぼくは満足しています。これからもWX02を使っていてなにか発見があったらレポートしていきたいと思っています。

[追記]ある程度使ってみた感想書きました→WiMAX2+モバイルルーター「WX02」を3週間使って実感したこと

それではまた!

今回ぼくがWiMAX2+を申し込んだのはSo-netです。参考までに。

【So-net モバイル WiMAX 2+】

申し込んだ手順レポート→So-netでWiMAX2+を申し込んだのでその手順解説します【参考】

So-net以外のWiMAX2+を販売しているプロバイダーはたくさんあってどれが良いのかわかりづらいですよね。そんな人のためにどこが良いのかまとめた記事もあります→WiMAX2+プロバイダー比較、最安は?一番キャッシュバックが多いのは?どこか

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】