生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
WiMAX2+gigahoudai

WiMAX2+のには2つのプランがあります。

それが、「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」です。

この記事では両者の違いを簡単に説明します。

スポンサーリンク

UQ Flat ツープラス

「UQ Flat ツープラス」はWiMAX2+の通信が月7GBまで利用できるプランです。

料金は後述の「UQ Flat ツープラス ギガ放題」よりも安くなりますが、月の通信容量に制限があります。

スマートフォンなら7GBもあれば十分ですが、WiMAX及びWiMAX2+はパソコンでも利用できるので、通信量はスマートフォンよりも多くなります。

そのため、固定回線代わりに利用するには厳しいプランです。

WiMAXのノーリミットモード(通信速度は遅めだが容量無制限にWiMAXが利用できるモード)は利用できます。

なのでノーリミットモードを利用できるWiMAX2+の子機であればこのモードに切り替えることで無制限にネットワークを利用できます。

しかし、WiMAX2+とWiMAXのノーリミットモードを両方利用できるモバイルルーター(HWD15とNAD11)は現在取り扱っている業者が少なく手に入りづらいです。

無制限にネットを利用したいならこのプランにはせずに素直に次の「UQ Flat ツープラス ギガ放題」にしたほうが良いです。

スポンサーリンク

UQ Flat ツープラス ギガ放題

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は「UQ Flat ツープラス」よりも料金が少し高いですが、月7GBの制限も無く無制限にWiMAX2+の通信が利用できます

光回線よりも少し遅いくらいなだけの無線通信なので、自宅の固定回線としても、移動先でインターネットを使うためのモバイル回線としても利用できます。

このプランで注意が必要なことが一つあります。

それは、基本的にはこのプランは通信容量無制限で利用できるのですが、直近3日間の利用で容量を3GB以上使ってしまった場合翌日1日間は速度が制限されてしまうというものです。

この制限された後の速度は平均的に6Mbpsとなります。

参考→WiMAX2+の3日3GB制限後の速度はどれくらい出るの?

この速度を十分な速度とみるのか、遅いと見るのかは人によってかなり違いがあると思いますが、少なくとも十分な速度だと思える人はWiMAX2+を固定回線として使っても良いと言えます。

制限されるのは1日間だけなのでそれが終わればまたWiMAX2+の高速通信が利用できます。

au 4G LTE通信とは

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」、「UQ Flat ツープラス」どちらも月1,005円の追加料金を支払うことで、「ハイスピードプラスエリアモード」を利用することができます。

このモードはWiMAXとWiMAX2+の通信網に加えて、auの所有しているLTE回線も利用できるというものです。

これによってWiMAXやWiMAX2+ではカバーできていない場所でも通信が出来るようになります。

このモードは無制限に利用できるわけではなく、7GBの通信容量の上限があります。

そしてこのモードで上限に達してしまうとなぜか普通のWiMAX2+の通信もその月はずっと速度制限されてしまいます

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の場合はせっかくの無制限がこのモードで台無しになってしまうので、このモードは本当にどうしても必要な月以外は絶対に使用しないようにした方がいいです

モードを切り替えると自動的に料金が支払われる仕組みになっており、間違えて切り替えないように注意しなければなりません。

また、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」プランで「ハイスピードプラスエリアモード」を絶対に利用しない、もしくは利用したくないという人は、このモードに対応していないモバイルルーターを選ぶといいでしょう。

対応していないモバイルルーターは「Speed Wi-Fi NEXT WX01」というものがあります。

逆に対応しているモバイルルーターには「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14/15」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」があります。

まとめ

「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の違いは月の通信容量に上限があるかないかだけの違いです。

「UQ Flat ツープラス」は月の通信容量に7GBの上限があるので固定回線には向いていません。そもそもパソコンでの利用も想定していれば満足に利用できる容量ではないので、あまり選ぶプランには成り得ないでしょう。

逆に「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は月の通信容量に上限が無いので無制限に利用できます。ですが、直近3日間の通信容量が3GBを超えてしまうと翌日1日間は速度が6Mbps前後に制限されてしまいますので注意が必要です。

より詳しいWiMAX、WiMAX2+の解説は→WiMAX2+の料金プラン、プロバイダとUQWiMAXの違いについて解説

WiMAXでできる通信費節約術→MNPありスマホ込みの1人暮らし通信費を月6000円まで抑える方法

WiMAX2+を始めるならこの2つの事業者が安くてキャッシュバックも多くて良いです。参考までに。

【追記↓】

WiMAX2+の最新ルーター「WX02」を実際に使ってみました。感想など使用感レポートを書きました。開封記事は「WX02」の写真を48枚掲載しています。「WX02」雰囲気が少しでも伝わりやすいようにと頑張りました。「WX02」ってどんなルーターなんだろう?と気になっている人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】