生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:
IMG_0655

今回はスマートフォンに挿しこむSIMカードについて解説します。

と言ってもそんなに説明することはないです。このシリーズを読んでいただけたならもうだいたいわかってると思います。

なので今回は復習も込めて、もう一度SIMカードのみに絞って書いていきます。

スポンサーリンク

SIMカードとは

SIMカードはスマートフォンに挿すICカードのことです。このカードは携帯電話会社(いわゆるキャリアと呼ばれるdocomo、au、softbankのこと)が発行し電話番号などの加入者情報が書き込まれています。このカードがないとスマートフォンは電話や各種通信が行えません。つまり携帯電話として機能しないのです。

具体的にどんな情報が書き込まれているかというと

  • 加入者識別番号
  • 事業者情報
  • ユーザの電話番号
  • アドレス帳
  • SMSに関するユーザ情報、SMSデータ
  • 携帯電話会社のネットワークに関する情報

などが書き込まれています。その他にも細かな情報が書き込まれていますが、そこまで細かく知る必要は全くないので省きます。

豆知識的な話をすると、日本のキャリアではSIMカードのことをそれぞれ違う名称で。

  • docomo:ドコモUIMカード
  • au    :au ICカード
  • SoftBank:USIMカード

というように呼んでいるみたいです。

スポンサーリンク

SIMロックとは

一台一台のスマホ・携帯電話端末に対して、その端末の販売元(docomo、au、softbank)が発行したSIMカードを挿しこんだ場合のみ通話や通信が動作するように端末に設定をすることをSIMロックといいます。

逆にそういった処置を施さないことをSIMロックフリーと言います。俗にSIMロックされていない状態はSIMフリーともいいます。当サイトはよくSIMロックフリーのことをSIMフリーと呼んでいます。どちらも同じ意味ですので気にしないでください。短いほうが書くのが楽なのでそうしています。

SIMカードの大きさ

SIMカードはその大きさが3種類あります。スマートフォンの機種によって設計が異なるためこういった違いが出てきました。一番大きなものを「SIMカード」とよび、その次に大きいものを「microSIMカード」と呼びます。そして一番小さいものを「nanoSIMカード」と呼びます。

下の写真は私のスマートフォン(iPhone 6)で実際に挿入されているSIMカードです。大きさは一番小さいnanoSIMカードです。一円玉と比べても半分以下の大きさです。なので扱うのがけっこう難しいです。一番大きいサイズのSIMカードはちょうど一円玉と同じぐらいの大きさです。

nanoSIMカードと一円玉の大きさ比較

iPhone 6には一番小さいものしか挿入できないようになっています。これはおそらくいかにスリムに小型化するかを考えた末、SIMカードの範囲をなるべく小さくするためにそうしたのだと思います。Zenfone 5やその他の機種ではmicroSIMカードやSIMカードを採用しているものもあります。より大きいほうが、小さものもアダプターを使えば挿し込めるので、包括的です。ユーザとしては差込口が大きほうが何かと便利かもしれません。

また、格安SIMなどでSIMカードを買うときは、特に理由がない場合は一番小さいnanoSIMカードにしたほうが良いです。なぜなら、一番小さいものであればアダプターを使ってどんな大きさの挿入口でも挿れることは可能ですが、iPhone 6のようにnanoSIMカードしか挿れられないものだと普通のSIMカードやmicroSIMカードを買ってしまった時に挿れられなくなってしまうからです。nanoSIMカードしておけばどんなスマートフォンを購入しても挿れられるので、機種変更時も困りません。くれぐれも注意しましょう。

まとめ

SIMカードとSIMロックについてわかったでしょうか。以下要点をまとめておきます。

要点

  • SIMカードはそれがないとスマートフォンが使えないICカードのこと
  • SIMロックとはキャリアで購入したスマホはそのキャリアのSIMカードしか使えないということ
  • SIMカードは一番小さいものがnanoSIMカードで一円玉の半分以下の大きさで、一番大きい物が一円玉と同じぐらいの大きさ
  • NanoSIMカードにしておけば、どんなスマートフォンにも挿れられるので、機種変更も容易になる

次回の格安SIM講座は→たった3ステップ!格安SIMの始め方まとめ 格安SIM講座第5回

スポンサーリンク

安く白ロムやSIMフリースマホを手に入れるなら↓ ぼくもここでよく買います

格安SIM人気ランキング

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
格安SIMの定番

docomoと同じNTT系列でサービスの安心感もある定番のMVNO。日毎に使える容量が決まっているという、プランの独自性も◎。管理人も利用中で満足して使ってます。
公式サイト→OCN モバイル ONE

DMM mobile
DMM mobile
安さとプランの多さが光る

業界最安値を表明し、他社の値下げに対抗しそれよりも必ず安くする。安さだけでチープかとおもいきや、通信品質、プランの豊富さ、スマホとのセット販売の充実、低速回線時のバースト機能などあらゆる面でしっかりとしたサービスを提供している。管理人も最近使い始めて満足しています。
公式サイト→DMM mobile

楽天モバイル
楽天モバイル
人気急上昇中!楽天ユーザーならポイントが貯まってお得!

低速回線のみの超安プランから、高速回線(LTE)のプランまでしっかりと用意されている。スマホセットプランの選べる端末の種類がMVNOの中で一番多いのも魅力的。楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まり何かと便利。ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンもあり、今人気急上昇中の格安SIM。
公式サイト→【楽天モバイル】