生まれたてのひよこでも分かる-ネット回線やスマホのことを雑多に解説します
サイト内検索:

iPhoneとMac

iPhoneの簡単テクニックメモです。

誰かと写真を共有する方法は色々あります。

例えば、メール、LINEなどで写真を送ったり、SNS上にアップロードしたり、iCloudやDropboxなんかのクラウドストレージを利用したりと様々です。

でもこれらの方法は少し手間がかかり、数枚の写真をサッと相手に送りたいときには少々面倒です。

もしも、その送りたい相手がすぐそばにいるのなら、より簡単なシェア方法があります。

それがiOSの機能の「AirDrop」です。

AirDropで近くの人と写真を共有

やり方は簡単。

共有方法

  1. 写真の送信側と受信側のどちらもが、画面下からスワイプすると現れるコントロールセンターから、「AirDrop」機能をオンにする。
  2. この時、「連絡先」か「すべての人」という項目が出るが送信側と受信側で同じのを選んでおく。
  3. そして、送信側が写真アプリで共有したい写真を選び、画面左下のアイコンをタップする。
  4. すると、先ほどAirDropをオンにした受信相手が表示されるので、その相手を選択する。
  5. 相手側は共有する写真のプレビューが表示されるので、「受け入れる」をタップする。

これだけで写真の共有が行えます。

写真以外にもいろいろなコンテンツが共有できる

ここまでは写真を例に上げて紹介しましたが、AirDropでは他のコンテンツでも共有が可能です。

共有可能なコンテンツには

  • 写真
  • 動画
  • Webサイト
  • 位置情報
  • 連絡先
  • メモ

などがあります。データの種類によっては他にもAirDropで共有できるものがあります。

コンテンツを共有するときに「AirDrop」が方法として表示されれば使えます。

AirDropのメリット

共有方法が簡単なことはもちろん、AirDropには他にもメリットがあります。

コンテンツが劣化なく簡単に共有可能

それは動画などのファイルサイズが大きなコンテンツでも、劣化が少ない状態で、なおかつ素早く共有できる点です。

LINEやメールなどでは送ることが出来るコンテンツの容量に制限があるため、特に動画などはファイルをまるごと送るのは困難です。

そんな時にはAirDropを使ってみてはいかがでしょうか。双方が近くにいる前提ですが。

受信側はAirDropをオンにする以外は何もしなくて良い

また、AirDropはコンテンツに応じたアプリが受信側で自動的に開くので、コンテンツが送られてくる方はわざわざ写真アプリなどの特定のアプリを開いて待っておく必要がなく、非常に使い勝手がよいです。

例えば、メモが送られてくればメモアプリが、WebサイトのURLが送られてくればSafariが自動的に立ち上がります。

まとめ

今回は近くの人と簡単に写真などのコンテンツが共有できる「AirDrop」という機能を紹介しました。

このAirDropはiPhoneに限らず、iOS 7以降を搭載したiPhone 5以降、iPad、iPad mini、iPod touchとOS X Yosemiteを搭載した一部のMacで利用できます。

AirDropを使えば素早く簡単に品質の劣化なくコンテンツを近くの人と共有できます。

利用者にはとても評判の高い機能なので、Apple製品ユーザーとコンテンツを共有したいときはぜひAirDropを使ってみましょう。